保険見直しの時期

未分類 0 Comments

保険は一度契約してしまえば一生そのままで良いというものではあります。そのまま更新し続けても問題はありませんが、見直すことでより自分にメリットが大きい契約にすることができます。ただ見直せば良いというわけではなく、保険見直しに適した時期があります

家多くの場合、親が契約した学資保険などの子供向けの保険が満期になる時に1回目の保険見直し時期が来ます。幼年期や児童期には、入学や進学などお金が必要になるタイミングで数回に分けて保険金が受け取れる貯蓄性が強く保険が適していて、18歳、20歳、22歳などの時点で満期になるものが多いからです。

学資保険が満期になった後、多くの場合必要になるのは医療保険です。病気になって働けなくなったり、治療費が必要になった場合に備えることができるため、原則一生必要になるものです。年齢を重ねるごとに病気のリスクは上がっていくので、若いうちに契約した方が月々の保険料は安くなることが多いので、就職や成人を機に契約したい保険です。

結婚や出産で家族ができた時には、生命保険の契約を考える人が多くなります。働き手が死亡してしまえば、収入がなくなり家族が路頭に迷う可能性もあります。それを防ぐため、死亡時にまとまった保険金が受け取れる生命保険が必要になります。このように、一生の間に保険が必要になるタイミングはいくつもあります。新しく保険を契約するのはもちろん、現在加入している保険を見直したり、解約が必要になることもあります。例として結婚して家族ができた時の保険見直し、見直す際のポイントを説明します。