未分類 0 Comments

現在の自分に必要な保険を選ぶ際には、まず自分の人生設計を立てる必要があります。明確なものでなくても良いので、現在結婚しているのか、将来的に結婚して子供は欲しいのか、持ち家は欲しいかなど、現時点の希望で良いので書き出してみましょう。結婚を考えていないのであれば、生命保険よりも医療保険や老後の生活費をまかなうための個人年金の方が重要です。結婚や子供を希望するのであれば、加入だけしておいて後から受取人を変更しても良いでしょう。

保険見直しをする場合に気をつけたいのが、保険のタイプです。保険には積立型と掛捨て型があります。積立型は契約期間が決まっていて、満期時にまとまったお金が受け取れるタイプです。このタイプは途中で解約してしまうと、今まで支払った額よりも受け取れる額が少なくなるのがほとんどです。見直しが必要な時点であっても、満期までの期間や返戻金によってはそのまま契約し続けた方が良いこともあります。

掛捨て型の場合は万一に備えるという性質が強く、解約してもほとんどの場合お金は返ってきません。ですが、病気になったり死亡したりという保険金の支払われる事由が起きない限り、いくら契約を続けてもお金が入ってこないのは同じです。途中解約のデメリットは小さいので、積極的に見直すのがおすすめです。ただし契約開始時の年齢が高くなると月々の保険料が上がることが多いので、その点も考慮した上で比較しましょう。

未分類 0 Comments

独身の時と結婚して家族ができた後では、生活は一変します。お金が必要になるタイミングも違いますし、必要な保障内容も変わります。そのため、今まで加入していた保険を見直して変更したり、新しい契約をする必要が出ることもあります。

一番の違いは家族が増えることです。医療保険は基本的に保険金の受取人は契約者本人です。生命保険など死亡時に保険金の支払いが行われる場合は、家族を受取人に設定する必要があります。独身時は親や兄弟を受取人にする人が多いですが、自分より先に亡くなる可能性が高い親や、自分が死亡しても生活に困る可能性が低い兄弟に対してお金を残す必要性は低いです。一方結婚後は配偶者や子供に対してお金を残せることは大きなメリットになります。

子供が生まれた場合は、進学に合わせて保険金を受け取れる学資保険を契約するのがおすすめです。学資保険は返戻率が高く設定されていることが多く、最低限ではありますが死亡保障や入院時の保険金支払いがあるプランもあります。現在銀行に預けているだけでは利息はほとんどつかないため、定期貯金などで積み立てるよりも得になる場合が多いです。

住宅ローンを組む際に多くの場合加入が必須になる団体信用保険も生命保険の一種です。契約者が死亡した場合、残りの住宅ローンが保険金によってまかなわれます。団体信用保険を無料の生命保険と考え、月々の保険料を抑えるために死亡時の保険金は最低限で良いという選択もあります。